The Spirits We Don’t See

この世界にはまだ多くの感性豊かな
素晴らしいアイデンティティや、スピリットが潜んでいます。
その存在を見逃すことなく、五感の先に存在する特別なセンスを手がかりに
シンプルに現代に調和させること。
ことばや文字で伝えきれない想いや本質を
KiQ の音色にのせ、まだ見ぬ創造の旅に導いていくのです。

Akane Kikuchi

菊地あかね

KiQ ディレクター / アーティスト
宮城県生まれ。2016年Akane Kikuchi Designを設立。2020年、KiQ主宰。
18歳でデザインを学ぶためにNY移住後、自国への探究として芸者修行を行う。
座敷での立ち振る舞いやしきたりの中の心得に感化され、華道、茶道、上方舞、書道の文化を学ぶ。

2018年に米国SXSWでいけばなの作法を通し生命と心の対話を表現したアート作品「IEKBANA VR EXPERIENCE」を発表。記憶や死生観のもと僧侶の法話を可視化、仏具として再変換した「極楽浄土AR」が 2019年文化庁メディア芸術祭推薦作品に選定。2020年、IoT技術と地場の技術を掛け合わせ、新潟市の開志専門職大学のキャンパス全体のアートディレクションを担当。同時に国内最大級のIoT施設であるKAISHI LABをブランディング。2020年秋には大阪にて常設のアート作品と空間デザインを発表。2021年、日常に溢れる所作の翻訳と可視化をテーマにした作品を発表予定。

これまで東京・大阪・米国・南アフリカなど国内外でエクスペリエンスやインスタレーション、空間デザインを発表。人種や言語感覚を超えた瞬間との対峙、日本古来から存在する暗黙知の世界の意味づけ、自らのフィルタを通した再発見の共有をテーマに表現を行う。フィジカルとデジタルの垣根を超えた、独自の感性の旅を提言。

2016
デイリーフレッシュより独立し Akane Kikuchi Design 設立
2016
「Tokyo Color」発表
2017
「夏色、ルミネ 。」を発表
2017
DOCOMO とのコラボレーションで世界遺産沖ノ島をテーマに「OKINOSHIMA VR」を発表
2017
MATSUYA GINZA にて展示「Tokyo Color」
2018
FONTEO とのコラボレーションで AI ロボット KIBIRO KABUKIを発表
2018
IKEBANA VR EXPERIENCE を SXSW で発表
2018
慶應義塾大学医学部の新ビジュアルを担当
2018
理化学研究所とのコラボレーションで「SHINRA」をブランデイング
2018
江戸小紋を触感で表現するプロダクト「FUREL」を開発
2018
siroca の新ブランディングを発表
2019
能作とのコラボレーションで「TSURU」を発表
2019
CERLIAN TOWER HOTEL で「BLUE」を発表
2019
新潟県小千谷市の住職とコラボし「極楽浄土 AR / purelandaltAR」を発表
2019
ふじおか幼稚園のブランディング「FUJIOKA ʻS EMAKI」を発表
2019
ワインブランド EXCECIEL のブランディングを発表
2020
WORLD OMOSIROI AWARD 審査員
2020
SXSW 審査員(※中止)
2020
開志専門職大学のキャンパスの全体のクリエイティブを発表
2020
KAISHI LAB のクリエイティブを発表
2020
KiQ を設立
2020
大阪市に新たな空間デザインを発表予定