LUMINE

空間にまとわせた、四季のふれあい

気配、移ろい、瞬間の一つ一つなど、暗黙知に価値を宿し見出してきた日本の文化。 そこには自然美の特徴を、生活に落とし込み愛で、視覚的情報である色に名を与え、日本人ならではの特別な意識が存在し てきました。 LUMINEで、古来の日本の色を現代的な手法で伝えるというキャンペーンを立ち上げ、 各地で目にした自然美の色、古典からなる和装における色の取り合わせと現代の感覚を調和させ、 体験のデザインの全てに盛夏の涼を纏わせた伝統色を落とし込みました。 和紙アーティストのりくう氏とのコラボレーションにより雪輪に和紙を見立て、空間を装飾しその装飾を訪れたお客様にも体 験させる導線。雪輪は古来から夏の季節を涼やかにさせる文様として存在してきました。 美意識の世界から、視覚と結びついた深層体験を創り出すことで空間は付加価値を付け、会期中は多くの参加者で賑わいました。

  • Client

    LUMINE

  • Team

  • Year

    2016

  • Partner

    RIQUU,JEKI

  • Category

Next Work

TOKYO COLOR